春の歌

a0328105_16104258.jpg

a0328105_16110547.jpg

今回はスズキの単気筒スポーツ、グースを描いてみました。

グースって元々そんなにカッコイイと思ってなかったバイクなんです。
シングルのロードバイクならSRXの方がずっとカッコイイ。やっぱデザインはヤマハのバイクだな~って認識。
a0328105_16155485.jpg

ところが某所でサイドカバーを外しただけのグースを見まして
複雑なパイプ構成のダイヤモンドフレームが妙にカッコイイ。
ビモータみたい、とまで思うくらい(^^♪

このバイクが発売されたのが1992年初頭くらいだったと思いますが、
その頃に世界的なシングルレーサーのブームがあったのは聞いたことがあって
当時のリアルタイムの盛り上がりは知らないのですが

a0328105_16275326.jpg
SRX600のエンジンを積んだOVER OV-11

a0328105_16283479.jpg
a0328105_16292436.jpg
スーパーテネレのエンジンのOV-20の活躍は見聞きしたことが。

a0328105_16335796.jpg
a0328105_16343864.jpg
a0328105_16341737.jpg
いちばん上のドゥカティ・スーパーモノはコンプリート車ですが、
ヨーロッパのフレームコンストラクター達が造った独創的オリジナルレーサーが
とにかく興味深いものが多いです。
ずっと写真眺めてるだけでも飽きない・・・


今回の女の子は「恋ヶ窪☆ワークス」より天使のアンジュさん。
先日復刊された恋ヶ窪☆ワークス上下巻で初めて読んだのですが、
いや~皆さんが幻の名作と言われるだけあって素晴らしい。
未読の方はぜひとも読んで、この優しくて、素直で、少しだけ哀しい世界にひたってみていただきたいです。

アンジュさんが両手でやってるハンドサインは”エスマーク”と言いまして、
スズキワークスライダーのアンドレア・イアンノーネも
プロフ写真でやってるスズキ公認の?ハンドサインですね。

昨日、大阪モーターサイクルショーに行ってきたんですが
暖かくなってきたのでウインタージャケットでなくていいだろうとG-1を着ていったのですが、
昼間はバッチリでしたが、終わってからちょっと所用で姫路まで行って帰りは夜になったら
メッチャ寒い寒い…(´・ω・`)

それでか震えで身体が縮こまった感じで、ブログ書いてる今でも筋肉痛気味・・・
ひ、久しぶりにバイク乗ったからじゃないよね('Д')

スピッツ「春の歌」













# by nishimiyamakoto | 2017-03-20 16:57 | SUZUKI | Trackback | Comments(0)

こんな格言を知ってる? ノートンは滅びないの。何度でも蘇るのよ。

a0328105_20071531.jpg

a0328105_20073239.jpg

a0328105_20075778.jpg

さて、今回のバイクイラストは「ノートン・ドミネーター」
英国いにしえのバイクブランド、というイメージでしたがちゃんと存続してました。
まあブランドを引き継いだ別資本の会社ですがそれは置いといて・・・

で、ドミネーターは60年代に販売してたドミネーター650のイメージで200台だけ制作された
カフェイメージのSS?(モノサスだし)
空冷パラ2、チェーン右出し、右足シフト(多分)
英国バイクの英国面(笑)が良く出てるなあ・・・と思って描いてみました。
余談ですがロン・ハスラムのWGPで乗ったバイクは
すべてこの右足シフト左足ブレーキだったってのは本当なんでしょうか? NS500もRGV-γも!?


さてガルパンから初描きのダージリン様(*'ω'*)
ダー様が羽織っておられるのは
第二次大戦中、英国空軍の爆撃機乗り達に支給されたアーヴィンジャケットなんですが
(この絵を描いてた頃は大雪降ったりメチャメチャ寒かった)
a0328105_20330157.jpg

a0328105_20331263.jpg

ボマージャケの定番B-3のカジュアル感に比べたら、アーヴィンジャケットのフォーマル感というか
キチンとした感じがイイなあと。

でも実際にレザーのフライトジャケット着ると重たいですねえ・・・
A-2くらいならともかくG-1は肩が凝ってきます(-ω-)
ワタシもっぱらCWU-45Pばっかり着てます。

a0328105_20424548.jpg

最近、女の子がMA-1羽織ったりってのが流行ってるのかよく見かけますね。
ちょっとブカブカ気味なのがカワイく見えるポイントなのかも。

Norton Dominator SS Road Test













# by nishimiyamakoto | 2017-02-20 21:00 | 輸入車 | Trackback | Comments(0)

YZR250中野千雨のお父さん号(違)

a0328105_22415291.jpg

a0328105_22460976.jpg

a0328105_22472448.jpg

今回は2000年、中野真矢選手のYZR250(OWL5)を描いてみました。
この年の250クラス最多勝の5勝を挙げ、同じYZR250に乗るオリビエ・ジャックと最後までタイトルを争ったものの
最終戦フィリップアイランドでジャックとのマッチレースの末、最終ラップのフィニッシュラインでスリップから抜け出た
ジャックに前に行かれ、惜しくもチャンピオン獲得ならず・・・

このレースは当時中継してたNHK-BSで見てて完全に「王子勝った!チャンピオンだ」
と思ったらスリップからスルスルっとジャックが伸びてきて
「・・・⁉ ああああああっ(/ω\)」
テレビの前で呆然としたのを思い出します。


それにしてもこの年250は加藤大治郎のGPフル参戦初年度で4勝
a0328105_23043152.jpg

宇川徹が2勝
a0328105_23050031.jpg

ホントに日本人無双の時代でありました。


ところで絵の人気としてはやっぱり、市販車>レーサーなんですね~
レーサーはスポンサーロゴが描くの大変でチマチマと手間がかかる、
まあバイクは何描いても大変かもしれないですが。
で、描いてうpしてもやっぱり興味ある人はあるけど一般には知られてないバイク
・・・てことでスルーされちゃうのかな。

まあ好きだからそれでも描きますけどね。


Ninja1000の2017モデルの詳細がいつまでたっても出てこない。
もう11月くらいから全裸待機してるんで、いいかげん寒い(笑)
まあ2月15日に発表、3月15日に発売らしい、とは聞くんですけど・・・

3月の大阪モーターサイクルショーで跨れるかな~













# by nishimiyamakoto | 2017-02-08 23:13 | YAMAHA | Trackback | Comments(0)

こみっくトレジャー29参戦します

a0328105_10063040.jpg

さて1月15日(日)にインテックス大阪にて開催の「こみっくトレジャー29」に参加の運びとなりました。
サークルカットはコチラ

a0328105_10103000.jpg

スペースは「4号館 キ21b」となります。

a0328105_10130863.jpg

今回の新刊は去年に引き続きカレンダーです。

a0328105_10161332.jpg

”Far East Cafe 2017 CALENDAR"(13ページ 600円予定)

a0328105_10182182.jpg

a0328105_10183788.jpg

a0328105_10185961.jpg

今年も実用本位のイラストとカレンダー別体型卓上タイプ。
お気に絵のページのまま、カレンダー部分だけめくっても使える仕様(になってるハズ…)

a0328105_10334927.jpg

カレンダーお買い上げの方には、お正月っぽくパリダカ車両の
カジバエレファントのイラストポストカードを差し上げますよ~

それではインテックス大阪でお待ちしております|д゚)












# by nishimiyamakoto | 2017-01-14 10:36 | イベント | Trackback | Comments(2)

Kawasaki Ninja250 Special Edition

a0328105_17585711.jpg

a0328105_17591177.jpg

今回はNinja250 Special Edition”赤黒ニンジャロゴ”バージョンを描いてみました。

Ninjaで赤黒っていえば
a0328105_18154337.jpg
すぐGPZ400Rなんかを思い出してしまうわけです。

でもNinja250っていいセンをついてるというか
「バイクでやりたいこと」がどれもそれなりにこなせる
みたいなコンセプトが絶妙だなあ、と思います。

セパハンだけどアップライト気味な姿勢で乗れて足つきもまあまあ(跨ってみた)
街乗りはもちろん、長距離も(高速巡行はともかく)まずまず楽に乗れ
ちょっと山坂道を気持ちよく走る、からサーキット走行もこなす。

街乗り~ツーリング適正はスズキGSR250のが上でしょうし、
山坂道で云々はNinja250SL、さらにヤマハYZF-R25
サーキットでタイムが…などなど言い出すとこれからホンダCBR250RR、スズキGSX-R250が出てくる。
でも1台で何でも出来て、という満足感が一番高いのはNinja250かなあ、という気がします。

a0328105_18521463.jpg

最初の1台としてこのクラスを選ぶ人は多いと思うんですが、
R25やCBR-RR、GSX-Rはちょっとスーパースポーツ方向に寄りすぎかなあ、と個人的には思います。
特に価格面で。CBR-RRは70万超えですし、レーサーレプリカの二の舞的な危機感を感じます。


それはさておき、もう今年初めから引っ張ってるバイク乗り換えたい問題ですが
相変わらず決まりません・・・

a0328105_18550154.jpg
a0328105_18552166.jpg
a0328105_18553903.jpg

ネイキッドに浮気しそうになりつつ、やっぱカウル付きがいいかな~とフラフラ。

a0328105_18570477.jpg

でもGSX-S1000Fは実車を見た結果、どーしても顔が好きになれず・・・
GSX-R直系のエンジン、トラコンなど値段含め超お買い得バイクと思うのですが。

結局のところ、
a0328105_18591706.jpg
バンディット1250F

a0328105_19002420.jpg
Ninja1000のどっちか、という感じです。

でも迷うんですよ。昨日はバンデイットが良いのでは、と思ってても
翌日はいやいやニンジャが良いのでは…みたいな。

自分のためのまとめとして、2台に評価をつけてみると、

●デザイン・・・僅差でニンジャの方が好みかな。外装デザインは0.5ポイント差でニンジャて感じですが
バンディットはインストパネルが「えっ・・・」って感じのちっちゃさ。
言い換えると高級感に欠ける感じ。

●走行性能・・・ニンジャはメリハリつけて乗る系で、楽しいけど長時間乗ると濃い乗り味がもたれてくる感もあり。
バンディットは回さなくてもトコトコ走る癒し系。
僅差でバンデイッドかな。

●取り回し・・・ニンジャの勝ち。バンディットは重い…これ買ったら家の庭からバックで出すのが大変かも。
ただバンディットはセンタースタンドがついてて、これはプラスポイント。

●価格・・・バンディットの勝ち。中古同士でバンデイットは乗り出し80万で行ける。
ニンジャは100万円は用意しないと…100万あればバンディットは新車も視野に入るなあ。


というわけで両者互角の争い…
今のところ、よくお世話になってる八尾カワサキさんに
予算内で行けるニンジャの中古を探してもらってるのと、
Ninja1000の2017モデル
a0328105_20101921.jpg

これに国内仕様が出るらしい…それを待つのも一手、とも言われてるんで
情報待ち中・・・

でもなあ…このままバイクのいちばんいいシーズンが終わっていくなあ…
それならいっそバンディットを即買いした方が・・・!
はたしてどーなる!?

















# by nishimiyamakoto | 2016-10-30 20:17 | Kawasaki | Trackback | Comments(0)