コミックマーケット94参戦します

a0328105_22254276.jpg
当日はこのポスターがど~んとスペースに貼ってるハズ
モトグッツィ・ルマン850xグランマ!


8月12(日)開始のコミックマーケット94に参加します

a0328105_22292812.jpg
スペースは東2ホール O-04a


a0328105_22325631.jpg
おしながきがコチラ。

a0328105_22333093.png
C94新刊は「そんなことより幸せになろう」B5/16ページ 400円予定

a0328105_22363591.jpg
a0328105_22361596.jpg
ARIAキャラクターxイタリアンモーターサイクルのイラストをまとめてみました。


a0328105_22401129.jpg
発行は去年のこみトレですがコミケ初持込です
「Far East Cafe」B5/24ページ 500円予定

a0328105_22443807.jpg
洋の東西を問わず、カフェレーサーっぽいなと思ったバイクを集めたイラスト集。
全21台はなかなかの台数描いたなあ・・・


a0328105_22465477.jpg
同じくコミケ初持込
「COLOR CODE」B5/44ページ 800円予定

a0328105_22463186.jpg
4コマ漫画「スケッチブック」のイラスト集。
およそ10年ほどの間に描いた新旧イラストをまとめてます。


例によってお買い上げ特典は・・・考え中です。
なにか作りますのでツイートなどで確認いただければ(アト3日!)


それでは東京ビッグサイトでお待ちしております。








# by nishimiyamakoto | 2018-08-08 22:53 | イベント | Trackback | Comments(0)

LAVERDA V6

a0328105_20383108.jpg

a0328105_20385807.jpg

a0328105_20392380.jpg

はい、シリーズ第3弾となる今回は歌姫アテナ・グローリィさんxラベルダV6を描いてみました。
まあコーポレートカラーの”オレンジ”つながりってことで(*'ω'*)
イタ車限定じゃなければ絶対KTMでしたね。

1978年のボルドール24時間に出場した(多分)TT-F1レーサー
何といってもバイクでV型6気筒エンジンを積んでいるのが珍しい。
ホンダGPレーサーその他6気筒のバイクはみんな直6だったはず。

a0328105_20450408.jpg
a0328105_21121793.jpg

バックボーンフレームの間に見事にV型6気筒が収まっていますね。
カウルにマーシャルのでっかい2眼ライトとか、いかにも”切った貼った”感があるんですが、
同時に思いついたアイデアを全部カタチに出来ていた時代の空気を感じさせますね。

a0328105_20582725.jpg
ゴディエ・ジュヌーやエグリ・カワサキ

a0328105_20592523.jpg
ホンダRCBなんかと同世代の耐久レーサーと共通のいい雰囲気です。










# by nishimiyamakoto | 2018-06-08 21:13 | 輸入車 | Trackback | Comments(0)

BIMOTA DB2

a0328105_21464914.jpg

a0328105_21470505.jpg

a0328105_21461000.jpg

今回はビモータDB2x晃・E・フェラーリさんを描いてみました。
最初はファミリーネーム繋がりで
「バージニオ・フェラーリの750F1に」
a0328105_21505385.jpg
とか考えてたんですが750F1は別のキャラクターに取っておきたくなったので
トラスフレームのスーパースポーツのもう一方の雄と言えば
やっぱりビモータかなあ、とDBシリーズに。

DBシリーズといえば圧倒的知名度を誇るDB1ですが
a0328105_21535409.jpg
せっかくの美しいフレームがフルカバードされて全然見えねえ・・・
いやこれはこれで空力を目いっぱい考えた当時の方向性がよく出ている
デザインで嫌いなわけではないんですが、

a0328105_21571848.jpg
こんなすべてをトラスで構成した幾何学的美しさの
フレームを隠すなんてもったいないなあ…

a0328105_21584580.jpg
DB2はフルカウルながらパイプフレームの造形もチラ見せ。
一粒で二度おいしいなあ。
2本出しのアップマフラーもカワイイ。
ドゥカティ916も近い年代でしたねえ。

ARIAxイタ車シリーズはもうちょっと続くかもしれません…









# by nishimiyamakoto | 2018-05-27 22:06 | 輸入車 | Trackback | Comments(0)

GILERA SATURNO

a0328105_22280887.jpg

a0328105_22284316.jpg

a0328105_22324499.jpg

今回はジレラ・サトゥルノです。
ちょっとバブル期の流行りものみたいなイメージもあるバイクでしたが
おっきなバブルスクリーン、フレームの造形美などなど
イタリアンカフェレーサーの典型ともいえる魅力に溢れてるなあ、と思います。

カラーリングを思い切りARIAカンパニー仕様にしてますが
これは最近何年かぶりに「ARIA」「AQUA」を読み返してまして
改めていい作品だなあ、と思ったのでつい。
結構ハマったなあと思うのですがどうでしょう?


ガラリと話題は変わって
つい最近、弾丸フェリーで大分に行ってきたのですが
a0328105_22404756.jpg

もう台風みたいな暴風雨にぶち当たりまして・・・

a0328105_22424150.jpg
やまなみハイウェイとかも視界ゼロで走るのが正直危険に感じたほど(´・ω・`)

そこで逃げ込んだのが「岩下コレクション」
a0328105_22444524.jpg
a0328105_22463449.jpg
「ばくおん」にも登場して有名になりましたが
雨宿りもかねて長居したので、レポートなど書いてみたいと思います。

1Fは「昭和の生活」がテーマ?のフロアでまあいろんなものが展示されてます。
ここは好意的に書けば「昭和の雑多さを演出している」
ぶっちゃければ「いろんなものをゴチャゴチャ置いてる」なんですが
とにかく情報量が多くて丁寧に見ていくと頭がクラクラしてき時間が経つのを忘れます(*´з`)

雑多っぷりを見ていくと
a0328105_22481057.jpg
黄色の公衆電話くらいは見覚えあるなあ。
今や絶滅危惧種ですね公衆電話。

a0328105_22580966.jpg
三葉さんですか?(違います)

a0328105_23002096.jpg
1Fにも1台だけバイクの展示が。
しかしこれって
a0328105_23023465.jpg
・・・BIMOTA DB3に似ている(*´ω`*)

a0328105_23033790.jpg
a0328105_23035729.jpg
テレビカメラに映画用カメラ。
この古い機材のゴツさというか兵器感・・・めっちゃ強そう。

a0328105_23054538.jpg
F-86Fがなにげに置かれてます。胴体だけでどこか侘しい。

a0328105_23072952.jpg
ブリキのおもちゃも大量にあります。
壊れてるB-29ね、と思って何気に見てたらB-45トーネード!?
こんなのまでブリキ化されてたんか・・・


2Fがお待ちかねバイクのコーナー!
a0328105_23095711.jpg
Brough Superior
さりげなーく置いてるけどブラフ実車見たの初めて。

a0328105_23133933.jpg
Moto Guzzi Le Mans

a0328105_23154135.jpg
Ducati 900MHR
なんか取集された時代を感じるなあ。

a0328105_23200390.jpg
Verocetteの何だろ?
タンクに思いっきりポールっぽいのに当てた跡・・・

a0328105_23240213.jpg
a0328105_23243264.jpg
a0328105_23241468.jpg
うお!TZ500!! カッコええ(´▽`)

a0328105_23265528.jpg
a0328105_23274017.jpg
このイスの向こうに哀し気に佇む(´;ω;`)フォーミュラカーは
昔オートポリスだけで開催されてたワンメイクレースのFC45じゃないですか⁉


そして時価2億円とかなんとか書いてるドゥカティのV4、アポロですが
a0328105_23303157.jpg
なんか厳重な金網の向こうに鎮座ましましてました。
パニガーレV4も出たし、もうゴールしてもいいのでは(?)


さて、いろいろ(悪口に聞こえるようなことも)書いてきましたが
めっちゃ楽しいですよ、ここ。
今回の大分は悪天候で行ったうちに入らないので
必ずリベンジ訪問してやろうと思ってますが、ここにもまた訪れたいと思います。
見て回るのは疲れますけどね・・・
(滞在時間の半分くらいは高倉健展のDVD流してるソファでボケっと座って休憩してたのはナイショ)




































# by nishimiyamakoto | 2018-04-21 23:39 | 輸入車 | Trackback | Comments(0)

Monster YAMAHA Tech3 #5 "Johann Zarco"

a0328105_18435902.jpg

a0328105_18444441.jpg

a0328105_18451052.jpg

はい、春めいてきてモタスポシーズンがいよいよ始まった感があるこの頃、
MotoGP2018プレシーズンの話題を一気に奪った感のある
モンスターヤマハテック3のヨハン・ザルコ号を描いてみました。

開幕戦カタールでは予選で10年ぶりにコースレコード更新のポールポジション!
決勝も終盤までトップ維持の頑張りは見せたものの
タイヤが終わったのかズルズル後退…8位フィニッシュの結果でした。
まあ存在感消して4~5位走って無事入賞、なんかよりはこの人らしさは健在だなあ、と思います(^^♪


さて、ヨハン・ザルコ選手、今や押しも押されもせぬ次期トップライダーの筆頭となった感がありますが
125cc時代は
a0328105_20492901.jpg
カタルニアGPで初優勝、と思いきやフィニッシュライン直前で肘で押し出しがあったとして
降格6位になったり、

a0328105_20521571.jpg
サンマリノGPではまたフィニッシュライン直前で「来るな~」と
手を出したらスリップから抜け出されて抜かれて2位…

等々、ニコニコ動画にも上がってるくらいのネタに事欠かないライダーみたいな印象だったんですが
スピードに関しては同期のビニャーレス、フォルガーなんかにも引けを取らないものがあったと思います。

Moto2昇格後、
a0328105_20595092.jpg
TSRフレームのJiRレーシングで走ったりしてたのが印象的でしたが
2015年に125cc時代の古巣アジョ・モータースポーツに移籍して
カレックスフレームに乗り換えてから覚醒(?)
a0328105_21030757.jpg
2015、2016年のMoto2を連覇。
レース展開も差し引き自在、大逃げから後方からの逆転勝ちまで自由自在に
レースをコントロールしてる感がありましたね。

2017年、テック3からMotoGP昇格、
開幕戦カタールでデビュー戦でスタートからトップを走るも転倒リタイア、と
衝撃のデビュー。

a0328105_21075784.jpg

波はあったものの、ハマればポールポジション2回、表彰台3回と
ヤマハワークスの不調を尻目にワークスイーターなポジションを
がっちりやってのけたのは正直予想してた以上の活躍でした。
(それまでのMoto2チャンピオンから昇格のラバトやブラドルがもう一つだっただけに)

さて今期も型落ち2016年型M1で走るザルコに将来ヤマハはワークスマシンを与えるのか、という話になると
ヤマハはそんな気はさらさらない、と言いたげに早々にビニャーレス、ロッシと来期以降の長期契約を結んだことを発表。
(ビニャはともかくロッシと2年契約結びますか…とも思いましたが)
さらに所属のテック3チームが来季ヤマハサテライトを離れKTMのサテライトに
鞍替えすることが発表されて、一躍来年の去就が注目されるライダーとなったのです。

テック3残留でもKTMのワークスマシンは約束されてるわけですが
現状のKTMのポジションを考えるとちょっとな、な感じ。
3~4年スパンで考えればもっと上も行ける可能性はあると思いますが
ザルコからすればそこまで待てないでしょう。
ペドロサと入れ替わりでホンダ入りとかの話も聞こえてきます。
かと思えばヤマハも「ザルコにワークスマシン供給もないことはない」
みたいな奥歯にものが挟まったみたいなことを言い出してるし…

個人的考えでは、いきなりホンダに行ってRC213Vに乗り換えるよりは
テック3に代わる新サテライト(マークVDS?VR46?)
でワークス待遇でM1に乗るのがベターなんかなあ…

スズキに来てもええんやで…
おととし、ビニャ+GSX-RRを描いてる途中でタイムリーにビニャが初優勝したから、
今回もひょっとしたらカタールでザルコ初優勝もあるかも、と思ったんだけどなあ・・・





# by nishimiyamakoto | 2018-03-24 21:38 | YAMAHA | Trackback | Comments(0)